高齢者の生活支援を目指します。悪質な訪問販売にお困りで内容証明やクーリン グオフをお考えの方や遺言書作成をお考えの方は愛知のOSS行政書士事務所へ

HOME » その他の業務のご案内 » 帰化申請手続き

帰化申請手続き

申請取次行政書士とは?

 申請取次行政書士とは、行政書士のうち、入獄管理局へのビザ(在留資格)申請を代行する行政書士業務の一つです。
 以下の手続きに関して、あなたに代わって面倒な手続きを代行することが出来ます。

  • 在留資格の取得
  • 永住許可
  • 再入国許可
  • 在留資格認定証明書交付
  • 資格外活動許可
  • 就労資格証明書交付  などなど
  •  

面倒なビザ申請手続きの代行や複雑な許可申請のご相談は、美っ申請の専門家である申請取次行政書士にお任せ下さい。

帰化申請手続きの基礎知識

帰化許可申請とは?

 日本国籍を持っていない外国の人々が、外国籍を離脱して日本に住みたいと考えたときに、日本国籍を取得(帰化)する必要があります。
そのような時、必要な手続きとして、帰化許可申請を行わなくてはなりません。
この帰化許可申請の手続きの流れを簡単に説明すると以下の通りになります。

  1. 必要な添付書類の収集
  2. 申請書類の作成
  3. 2で作成した申請書類、添付書類を法務局へ提出
  4. 法務局が3を元にして許可不許可の決定を下す
  5. 結果の連絡を受け許可書交付

帰化許可申請において6つの必要な条件

帰化許可申請において6つの必要な条件があります。
ここでは、その6つの条件について具体的にみていきたいと思います。(※配偶者が日本人だと条件は緩和されます。)

  1. 引き続き五年以上日本に住所を有すること(国籍法5条1項1号)
  2. 途中外国に戻って生活されるなどして1の条件を中断した場合は条件を満たしていないと判断されます。
    また「住所」とは民法22条で記された、各人の生活の本拠であり、それに至らない単なる「居所」は上記と同様、条件を満たしていないとされます。

    ※以下のような場合、1の条件は免除される

    1. 日本国民であつた者の子(養子を除く。)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有するもの
    2. 日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所若しくは居所を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く。)が日本で生まれたもの
    3. 引き続き10年以上日本に居所を有する者
    4. 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの
    5. 日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの
    6. 日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの
    7. 日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であつたもの
    8. 日本の国籍を失つた者(日本に帰化した後日本の国籍を失つた者を除く。)で日本に住所を有するもの
    9. 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き3年以上日本に住所を有するもの
  3. 20歳以上で本国法によって能力を有すること(国籍法5条1項2号)
  4.  
    帰化許可申請において、20歳以上が条件となります。未成年者の場合、一人で申請することはできませんが、その未成年者が両親と同居し、親の扶養に入っている時は、親の帰化許可申請で許可が下りたときは、その子供も帰化される事になっています。

    また「本国法によって能力を有すること」とは、韓国や中国、アメリカなど様々な国の人々が帰化をする際に、その国の法律によって能力を有することが必要となります。

    以下のような場合、2の条件は免除される(1の免除される条件4~9と同じ)

    1. 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの
    2. 日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの
    3. 日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの
    4. 日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であつたもの
    5. 日本の国籍を失つた者(日本に帰化した後日本の国籍を失つた者を除く。)で日本に住所を有するもの
    6. 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き3年以上日本に住所を有するもの
  5. 素行が善良であること(国籍法5条1項3号)
  6. 「素行が善良である」とは、簡単に言うと「何も悪いことはやってません」ということです。例えば、前科や非行歴の有無、もっと細かいところでいうと交通違反など、通常の日本人と比較して素行が劣っていないかを確認します。

  7. 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること(国籍法5条1項4号)
  8. 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと(国籍法5条1項5号)
  9. 帰化許可申請において、日本国籍を得ることができた場合、申請者は元々の国籍を失うことになります。(無国籍者である場合は例外)

  10. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと(国籍法5条1項6号)

帰化許可申請者は日本政府を暴力で破壊するなどの、日本にとってマイナスの行動はとってはいけないというもの。同じように、そのような団体に加入したり、結成したりしてもいけません。

こんな方へおすすめです。

□帰化申請を考えているが、何から始めたら良いのかわからない方
□在留資格(ビザ)の件でお悩みの方や、そのような外国人の方から相談を受けている方
□独立起業や在留資格の変更をお考えの方
□日本へ行きたいとお考えの外国籍の方
□日本で働きたいとお考えの外国籍の方
□貴重な時間を在留資格(ビザ)取得や変更の為に使いたくない方

お問い合わせはこちら

One Stope Serviceを目指して
OSS行政書士事務所
行政書士 浅田 邦凡
所在地 〒487-0025 愛知県春日井市出川町7丁目7-2-A102
TEL:0568-70-1084
FAX:0568-70-1084
MAIL:info@koureisha-anshin.com
営業時間 E-mail相談は24時間 電話は9時~18時まで 土日祝日お休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab