高齢者の生活支援を目指します。悪質な訪問販売にお困りで内容証明やクーリン グオフをお考えの方や遺言書作成をお考えの方は愛知のOSS行政書士事務所へ

HOME » 失敗しない相続と遺言 » 遺言書作成の代行

遺言書作成の代行

遺言書作成の代行遺言書を作りたいけれど、なにから始めてていいかわからない。
戸籍やいろいろな資料を集めたいけど、自分でするには手間がかかりすぎる。
そんなとき当事務所に代行をお任せください。
書類の取り寄せから、遺言書作成まで、ご依頼者と相談のうえ、丁寧に行ってまいります。
まずは、メールでご相談ください。

遺言書の作成サポートの流れ

自筆証書遺言の場合

  1. 相談
    どのうような内容の遺言にしたいか等のお話を伺います。(初回無料)
    方式や内容についてアドバイスいたします。

  2. 草案の作成
  3. 上記の相談を基に当事務所で遺言書の草案を作成します。

  4. 自筆証書遺言の作成
  5. 上記で作成した草案を基にご自身に自筆で遺言書を書いていただきます。

  6. 内容のチェック(自筆証書遺言書の完成)
  7. 作成した自筆証書遺言の方式の不備の有無を確認します。

公正証書遺言の場合

  1. 相談(初回無料)
    どのような内容の遺言書にしたいか等お話を伺い、ご依頼者様とともに原案を検討します。

  2. 打ち合わせ
  3. 上記の相談内容を基に当事務所が公証役場に行き公証人と打ち合わせをします。

  4. 戸籍調査、財産調査(必要書類の収集)<\li>
    当事務所で戸籍や財産の調査を行い、必要書類の収集を代行します。
     ※必要書類:遺言者の印鑑証明書、戸籍謄本、除籍謄本など

  5. 公正証書遺言書の下書き作り
  6. ご依頼者との遺言書の中身の調整
  7. 打ち合わせ
  8. 当事務所が必要書類を持参し再度、公証役場で公証人と打ち合わせをします。

  9. 公証人に作成を依頼(公正証書遺言書の完成)
  10. ご依頼者様と証人2人で公証役場に行き公証人に公正証書遺言の作成を依頼します。
    公正証書遺言は原本、正本、謄本の3部作成され正本と謄本をご依頼者にお渡しします。
    原本は公証役場に保管されます。

秘密証書遺言の場合

証人の引き受けと斡旋のみです。

※ご希望内容を十分にうかがい、アドバイスを加え、文案を作成いたします。
※ご納得いただける修正をいたします。
※公証人手数料、各種証明書類等実費は別途申し受けます 
  
  公証人手数料はこちら(日本公証人連合会HP)

お問い合わせはこちら

One Stope Serviceを目指して
OSS行政書士事務所
行政書士 浅田 邦凡
所在地 〒487-0025 愛知県春日井市出川町7丁目7-2-A102
TEL:0568-70-1084
FAX:0568-70-1084
MAIL:info@koureisha-anshin.com
営業時間 E-mail相談は24時間 電話は9時~18時まで 土日祝日お休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab