高齢者の生活支援を目指します。悪質な訪問販売にお困りで内容証明やクーリン グオフをお考えの方や遺言書作成をお考えの方は愛知のOSS行政書士事務所へ

HOME » 成年後見制度とは » 法定後見制度と任意後見制度

法定後見制度と任意後見制度

任意後見制度

任意後見契約の利用形態は、以下の3種類です。

即効型

 契約締結後、直ちに任意後見監督人選任審判。
 任意後見契約締結後、期間を置かずに任意後見監督人選任審判を申立てるため、契約締結時の本人
の事理弁識能力が問題となることが考えられ、そのため鑑定に時間を要したり契約自体が無効とされ
る恐れがありますます。

将来型

 契約締結後、判断能力が衰えてきた際任意後見監督人選任審判。
 任意後見契約締結後、本人の事理弁識(判断)能力が減退した際任意後見監督人選任審判を申し立
てるため、予定していた任意後見受任者との関係が悪化したり、疎遠になったり等の事由で契約が発
効できない事態が生じることが懸念されます。

移行型

(契約締結時)
 生前事務委任契約(見守り契約)と任意後見契約を同時に締結し、受任者に財産管理等の事務を
 委託し、契約締結後、本人の委任代理人として代理権目録に基づく業務や見守りを行います。
(判断能力低下後)
 任意後見監督人が選任された後、任意後見人として代理権目録に基づいて業務を行います。
 なお、必要に応じて、死後の事務委任契約を合わせて締結します。

任意後見契約の流れ

 


本   人
任意後見契約締結
任意後見受任者
   
   
   
任意後見契約書の作成

(公正証書で作成)
 
公証役場
   
   
   
本人の判断能力の低下

(法定後見「補助」以上に該当)
 
医師の診断等
   
   
    任意後見監督人の選任申立て  
家庭裁判所
   
   
   
任意後見監督人の選任
 
家庭裁判所
   
   
   
任意後見開始
 
任意後見契約に基づく後見開始

任意後見制度利用にかかる費用

任意後見契約制度を利用するためには、下記の費用がかかります。
任意後見契約書作成等にかかる費用  ※他に証書代、登記嘱託書郵送切手代etcが必要です。

任意後見契約公正証書作成の基本手数料 11,000円
登記嘱託手数料  1,400円
印紙代  4,000円

任意後見監督人の選任にかかる費用  ※他に通信費(裁判所により額が異なる)が必要です。

申立手数料 800円
登記手数料  2,000円

任意後見開始後にかかる費用  ※他に任意後見人・任意後見監督人の事務費用が必要です。

任意後見人の報酬 任意後見人の本人と任意後見人の間で契約により決定します。
任意後見監督人の報酬
家庭裁判所が決定します。

ページ: 1 2 3

お問い合わせはこちら

One Stope Serviceを目指して
OSS行政書士事務所
行政書士 浅田 邦凡
所在地 〒487-0025 愛知県春日井市出川町7丁目7-2-A102
TEL:0568-70-1084
FAX:0568-70-1084
MAIL:info@koureisha-anshin.com
営業時間 E-mail相談は24時間 電話は9時~18時まで 土日祝日お休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab